ココロのリズム

社会復帰・・・一歩踏み出しました!

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

@marie

Author:@marie
マリーと読みます。リーにアクセントです(映画だったかドラマだったかから取りました)。
1974年製・♀



10年以上前に鬱病と診断されました。
元気な時期と鬱な時期を何度も繰り返し、ついに2008/7/29 躁鬱病(双極性障害 双極Ⅱ型)と診断されました。
その他にも、共依存という病を抱え、ACの自分と向き合っています。
他、軽い解離あります。
2012/6/14 転院先で境界性パーソナリティー障害と診断されました。

自分のココロを綴ってますが・・・沈んでいる事の方が多いので内容は暗めです。

実は産業カウンセラーの資格持ってます。

空色リボン

人の心に深い傷を残す行為です。 いたずらなんて言葉で片付けないで!

ブロとも申請フォーム

お気に入りサイト様

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日の憂鬱10

医者に
起こった出来事を全て話した。

恐怖の一夜を

医者は私にこう言った
「あなたが悪い。」

理由はこうだ
「宿泊になった時点で、どこに泊まるのかを事前に確認すべきだった」
「確認を怠った落ち度」
「ついていった事で、相手にOKだと思われた」


警戒していなかった、私の落ち度だと
そういうことだった。

病状が悪くなったのは自業自得だから
大人しく薬でも飲んでなさい

そんな対応で、診察は終わった。


私は、この医者に理事長の奇怪な行動を
説明していたから、こんな反応だったんだろうと思った。


入社したころに少しさかのぼる

私は肩こりが酷くて
よく頭痛にも悩まされた。

柔道をやっていたから、マッサージに自信があると
理事長は言った。

「身体の歪みを取れば、肩こり治りますよ」

任せてください。
といって、肩揉みから始まり
全身マッサージをするようになった。

真剣にマッサージをしていたので、
本当に親切心だと信じていた。
実際肩こりも良くなった。

それから、しばらく仕事は順調で
社内の雰囲気も良かった。

仙台市内から外れて、別の町で
説明会を開くようになり
理事長の車で移動することが増えた。

車内では、仕事とは関係ない雑談をする。
当時付き合っていた彼の話から
理事長の奥さんや子供の話まで

理事長は今の奥さんとは、相性が悪いといった話をするようになった。
そして、
「死ぬときには、本当に好きな人と一緒にいたいなぁ」
といった内容になり
だんだんと口説いているような話に発展してきた。

冗談だろうと流していたけれど
本気だったら・・?と気味悪く思うことも増えた。


そんな内容を出張に出かける前
掛かり付けの医者に話していたのだった。

十分警戒して出かけたつもりだった。
まさか、あそこまでとは、予想していなかったから・・・


この続きはまた今度

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

 | HOME | 

ハーボットクロック

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキングに登録しています。 気に入って頂けたら、ポチお願いします!

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

今までの訪問者様

現在の訪問者様

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。