ココロのリズム

社会復帰・・・一歩踏み出しました!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

@marie

Author:@marie
マリーと読みます。リーにアクセントです(映画だったかドラマだったかから取りました)。
1974年製・♀



10年以上前に鬱病と診断されました。
元気な時期と鬱な時期を何度も繰り返し、ついに2008/7/29 躁鬱病(双極性障害 双極Ⅱ型)と診断されました。
その他にも、共依存という病を抱え、ACの自分と向き合っています。
他、軽い解離あります。
2012/6/14 転院先で境界性パーソナリティー障害と診断されました。

自分のココロを綴ってますが・・・沈んでいる事の方が多いので内容は暗めです。

実は産業カウンセラーの資格持ってます。

空色リボン

人の心に深い傷を残す行為です。 いたずらなんて言葉で片付けないで!

ブロとも申請フォーム

お気に入りサイト様

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話すことの重要性

8月末くらいから
とあることがきっかけで、一人追い詰められてて

どうしようもなくなって
耐えられなくなった月曜日

朝からひとりで部屋にいるのが
居た堪れなくなって
デイケアに向かった

人のいるところにいなければ

そんな思いに駆られて。


月曜日は、午前から午後までのプログラムがあって
午前中はヨガやったり体動かすアクティビティー

この日は、大きい和紙使っての折り紙だったから
そんな体動かすことはなかったのだけど
いつもは、紙の端がきれいにそろってないと嫌な私が
折り目がずれてようがどうしようが
そんなこと気にすることもなく
言われたとおりの手順でただひたすら折った

できたのは、ハスの花。
中央に、7色に光るライトを入れて飾ってねと
ライトももらった

その後は、自由に一時間過ごす時間で
何もすることもなくて、ソファに座ってたら
涙が出てきて
周りの人たちが、色々喋ってるのを聞きながら
ただ、鳴らない携帯を見てた

昼休み
病院食を注文するか、自分で好きなものを食べるかを
朝のうちに選択できるのだけど
ちょっと遅く行ったので、注文に間に合わなくて

ひとり、外に食べに出た
お気に入りのカフェが近くにあるから
そこで食べようかと思って


食欲もなくて、固形物食べると気分悪くなる状態で
外食なんて大丈夫かな?と思ったけど
気分転換になるかも知れないし
自室にいるわけでもないから、食べられるんじゃないかなって思った


何とか食べて、やっぱり気持ち悪くなったけど
午後のプログラムがあるから
急いで帰った

月曜の午後は、グループカウンセリング
前から通ってるのと同じようなものだけど
対人関係に悩む人のグループとその他に分けられてて

私は今まさに・・っていう対人のグループに入った


人数が結構いて
これから今悩んでることを話すんだと
自分の悩みごとに向き合ったら
開始前から涙が止まらなくなって

自分の番がきても
何も話せなくて、グループやってて初めて
「パス」って選択をした

無理して話す必要はない
悩む仲間の話を聞くのも、大事な事
だから、話せないけど最後までいた

ずっと泣きっぱなしで
自分でも困るくらいで、途中席を離れたりした

それが終わると、一日のプログラムが終了

病院には、17時までいてもいいことになっていて
帰るとまた携帯チェックしたりしてしまう自分を思って
なかなか帰れずにいたら

デイケアの参加者の人が、スタッフさん捕まえて
「ちょっと話聞いて」
とやってるのを見かけた

そういえば、話したかったらその辺のケースワーカー捕まえて話していいんだよ
って、最初の説明の時に言われたっけな・・・と思って

残り時間ほとんどなかったけど10分くらいなら・・ってことで
私も女性のスタッフの人に話を聞いてもらった


色々話して
「そうなってしまうのも、当然です」
というような、第三者の視点から話を聞いた意見を言ってもらって

あぁ、私がおかしいわけじゃないんだ
と、思えて少し気が楽になって、部屋に帰ることができた


やっぱり、話すことって大事なんだなって。
チャットとかTwitterなんかで励ましてもらうことはあるけど
対面で話す事の重要性を改めて認識した出来事でした


とあることがきっかけで
状況はだいぶ改善されて

そのおかげで、私の調子もだいぶよくなって

ただ・・他の心配事が増えたけど
力になりたいって思うから
なんとか頑張ろうと思います


スポンサーサイト

怒りの感情(グループセラピー)

三月中旬から毎週カウンセリング通っています

このごろ、いつも怒ってる


相手あってこそ出てくる不満
自分ではどうにも解決できません。

相手にぶつけたところで
すっきりするわけでもありません。


言っている間に、自分が悪いように思えてくる
謝られると余計に

怒ってる自分が悪いみたいに
不満に思う私が悪くて
感情をぶつける私が悪くて

それで、これから気をつけるなんて言われると

「私が言ったから(無理して)そんな風に言ってるんだ」
という気持ちが出てきて、ますます自分がみじめに思えてくる


どうせ私が悪いんだ・・・

そして、なにも言わなくなるし
感情を殺すようになる。



友人に何度も言われた
怒ってるときは怒ってるって言いなさい
そこはお前が怒ってもいいところだろう?

「なんで怒らない?」

聞かれると答えに詰まる。
自分が苦しくなるから怒れない
怒りをどうコントロールしていいかわからない。


ぶつけどころのない怒りは
どう処理したら楽になるのだろうか・・・?


相手に変わることを望んでも無理なのだそう。
だったら、自分が変わるか、相手を切るか。
そのどちらかしか選択肢はない。

今が苦しいのなら・・・?
自分の努力で改善する方法がないのなら?

答えは出てるのに、なかなかその先に進めずにいます。



連鎖(グループセラピー)

昨日は二週間ぶりにグループセラピーに行ってきた

この頃お金使いすぎて、セラピーに回す分がなくなること多くなったな


ここ数日、色々悩んでいることがあって
その話をして、関連付けて幼いころの話にさかのぼって

ふっと気付いたのは

「私は母と同じことを相手にしているのだな」

と言う事でした。



母は自分の理想像を私に押しつけて
気に入らないところはそぎ落として
それでもダメなら、イラナイって
視界に入れないような人

思えば祖母もかなり潔癖な人だった
小さいころに亡くなったので
あまり覚えていないけれど
とても厳しく潔癖だった記憶がある

私は、姉からも
行儀悪いこと、下品なことは
徹底して禁止されてた
言い訳も
「だって」
って言葉を発しただけで怒られた

肘をついてご飯を食べると
その肘を手ではじかれて
汚い食べ方をしていると取り上げられた


そして最近、ある人から
「上品にできないならいらない」
と言われてるように感じる
そう言われた。

その事を、セラピーの最中に思い出して

あぁ、同じことしてるんだな
自分の基準を押しつけて
そこを満たしていないと

「この人、私と合わない。無理だ」

と決めつけてしまう


暴力の虐待だけじゃなく
精神的な虐待も連鎖するというけれど

母はきっと、祖母と同じことをしていて
私は、母と同じことをしているのだと思うと

これは、連鎖なんだ・・・

って、なんか怖くなった


もし、子供ができたとしたら
私と同じように苦しめてしまうのだろうか・・・?

思い通りにならないと、いらないと言ってしまうのかな?


知らずやってしまう事なら、どうやって防げばいいのだろう・・・


難しいね



過去と現在(グループセラピー)

ここのところ
毎週カウンセリングに通ってる
(お金あればだけど)

眠くても、遅刻しても
なんとか続けてる


今日は、過去の話をした
通院はいつからだったのか
双極性障害って言われたのはいつからか

その間に、何が起こったのか

エピソードの話


頑張って、みんなに追いつこうとして
順調になり始めたころに
崖から突き落とされるように
何かが起こる

恋愛でも、仕事でも、日常でも

落ちたあとは
次こそは!って頑張る
そしてまた、突き落とされる

その繰り返し

ひとつひとつに全力で行くから
失ったとき、失敗したとき
受けるダメージが大きくて

またか、もう嫌だ
何もかも終わりにしたい

そんな気持ちになってしまう


痛みに耐性をつけて
気付かないようにしながら
必死になって
なくならないように・・・

だから、自分の傷に気付いた時には
既に大きなものになっていて
化膿して、膿んで
治るのに時間がかかる

傷の浅いうちに
絆創膏で治るうちに
早めのケアができれば
もう少し楽になれるかもしれない


自分を労わる
状態を知る

手段を見つけなきゃ・・・



どっちにしても同じ(グループセラピー)

週1のグループセラピーの日でした

前回と劇的に変わった自分の状況

「躁転」

その事を中心に話をしてきました



とにかく活動的で
朝から晩まで動き回ってる
寝なくてもいいくらい
ご飯も食べなくてもいいや

疲れてるのに休まない
思いつきで行動する
金遣いが荒い

などなど


ただ、鬱の時と共通して言えるのは

「思い残すこともないしやりたい事もない
もう十分だから終わりにしたいな」

っていう気持ち


躁の勢いで変なことしないようにって
気をつけてることも付け加えて



躁でも鬱でも環境が変わるわけじゃないから
根っこのとこは一緒なんだよね
結局


カウンセラーから
「安定してる状態はどんな感じなのか」
を聞かれて

しばらく考えた・・・

そこで気付いた事


安定しているときは誰かが一緒だ
ってこと


大事な人がいて
その人のために生きようって目標が出来て
そのためにはどうしたらいいかって考えるようになって

結果前向きになる

自分に何かあったら
大事な人が悲しむ・傷つく
大事な人を幸せにするために自分を大切にする


だから、今誰もいないから
自分の事はどうでもいい

このままだらだら生き続けて
この先にいいことあるかも知れないけど
失う怖さ、今の苦しみ
そんなこと考えると

今、この瞬間スイッチ切られても
何も後悔することはないって
そう感じている事


そんなことを話して終わった

来週も必ず行こう




↓↓応援ポチよろしくお願いします↓↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


 | HOME |  »

ハーボットクロック

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキングに登録しています。 気に入って頂けたら、ポチお願いします!

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

今までの訪問者様

現在の訪問者様

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。